WP-PostViewsの使い方 – WordPressで人気記事を表示

WP-PostViews
元調理師エンジニアリョウ
リョウ
WordPressで人気記事を簡単に実装したい。今回はそんな要望に答えるプラグイン「WP-PostViews」を紹介したいと思います。

WP-PostViewsとは

記事ごとの閲覧数をDBに保存してくれるプラグインです!

値は wp-postmeta に保存される

カラム名
meta_keyviews
meta_valuePV数
元調理師エンジニアリョウ
リョウ
3日間の合計PVなど期間では取得できないので注意です。プラグインを入れてから今までの合計PVになります。

Wp-PostViewsの設定

設定 → Post_Views

カウントする閲覧元

カウントする対象を設定。
  • すべてすべてのユーザーの閲覧数をカウント
  • ゲストのみ管理者権限以外のユーザーの閲覧数をカウント
  • 登録したユーザーのみ管理者権限のユーザーの閲覧数のみをカウント
元調理師エンジニアリョウ
リョウ
基本的には「ゲストのみ」を選択で良いと思います。

ボットからのビューを除外

botのアクセスを除外するかの設定。

  • はいbotのアクセスを除外する
  • いいえbotのアクセスもカウントする
元調理師エンジニアリョウ
リョウ
botのアクセスは除外したいので、「はい」を選択。

ビュー数の表示形式

閲覧数の表示形式を設定。

  • %VIEW_COUNT%通常の表示形式
  • %VIEW_COUNT_ROUNDED%カンマ毎に小さい数字を四捨五入

「%VIEW_COUNT_ROUNDED%」は1,000ビュー → 1Kと表示します。

元調理師エンジニアリョウ
リョウ
好みによりますが、初期設定のVIEW_COUNTのままで良いです。

最も人気の記事テンプレート

サイドバーに人気の記事ランキングを表示させることができます。

  • %VIEW_COUNT%閲覧数を表示
  • %VIEW_COUNT_ROUNDED%1Kなど省略して表示
  • %POST_TITLE%記事タイトルを表示
  • %POST_DATE%記事を投稿した日付を表示
  • %POST_TIME%記事を投稿した時間を表示
  • %POST_EXCERPT%記事の抜粋を表示
  • %POST_CONTENT%記事の投稿内容を表示
  • %POST_URL%記事のURLを表示
  • POST_THUMBNAIL記事のアイキャッチを表示
  • POST_CATEGORY_ID記事のカテゴリーIDを表示

サイドバーの設定は下記サイトを参考にしてください。

WP-PostViewsの使い方ーWordPressプラグイン | TechAcademyマガジン

表示設定

ビュー数を表示させる場所とユーザーを設定

  • すべての訪問者全ユーザーに閲覧数を表示
  • 登録ユーザーのみ管理者のみに閲覧数を表示
  • 〇〇では表示しない指定場所での閲覧数を非表示

get_posts関数でランキング表示

get_postsを使ってランキングを表示してみましょう。

上記のコードを応用して、配列をループすれば表示できます。

get_postsの使い方

リョウからヒトコト

元調理師エンジニアリョウ
リョウ
管理画面の投稿一覧に記事PVが追加されるのでどの記事が人気かすぐわかったり、サイドバーに表示できたりと便利なプラグインです。